FC2ブログ

番外編 #RPG ギルド紹介

さて、今回は番外編という事で、ティウの着ぐるみを脱ぎ

毎月たくさんのイベントを企画開催してくれるGMさんに敬意を表して
対外向けに、ロールプレイングギルド[#RPG]について体感でご紹介します。

ロールプレイが何なのかとかそういう話はしないよ。
検索したら沢山その手の情報はあるからさ!

ちなみにギルドの詳細は、ここでも読めるよ。
頑張ってギルドHPをコピーしました。2時間かかったよ!

34


質問その1、いつもはどんな活動をしていますか?

回答;
平日は21時~23か24時くらいまで集まって雑談ロールプレイをしたり
誰かの持ち込み企画を通してロールプレイを楽しんでますね。
それが無い時は、各自ロールプレイをオフにしたりして自由に遊んでます。

質問その2、ガチで今どのくらいの人が活動しているの?

回答;
昨日だけでログインしてる人は11人いたみたい。
集まってロールプレイしてる人や、個々でロールプレイを楽しんでいる人まで
色々いるから把握できないかも。
平日の突発イベントでも5人ぐらいは、いつも集まるね。

質問その3、他のギルドやロールプレイしない人とは遊ばないの?

回答;
他の人は知らないけど案外みんなうまく遊んでると思うよ。
ティウやジョーダンさんは常時ロールプレイしてるから相手が誰とか関係なく
柔軟に対応して遊んでるし、そんなに難しいことじゃない。

質問その4、昔の出雲や瑞穂みたいにロールプレイギルド間交流や対立とかある?

回答;
無いよ。活動は基本トラメルだけ。それに他にロールプレイギルドが
飛鳥にあるのか知らないしギルドルールで悪者ロールプレイや緑PKやPKに
なる事は禁止になってる。あと対立関係は終わりが見えないからやらないみたい。

質問その5、じゃあPvPも禁止?

回答:
ギルドルールに準拠した上でVvVとかに個人的に参加するのは自由みたい。
ギルドには「クラスシステム」っていうのがあって
職の制限があるから白豚とか出来ないし、武士メイジとかも無理。

最近入ってきた、からしさんが単騎でたまにやってるらしい。
戦場ではロールプレイはせずにPvPだけしているみたい。
PvPやってる人はあとは他にはいないかも。聞かないね。
今後の話し合い次第ではそういうPvPイベントも面白そうってGMさんが話してた。

質問その6、イベントって誰が企画するの?

回答;
ギルドメンバー。GMさんが圧倒的な数のイベントを企画開催してくれています。(感謝)
あとは各自が思いついたイベントや構想を練った長期イベントやEMイベント
みたいなものまで色々あるよ。

質問その7、UOにおけるロールプレイをするには、結局何が重要?

回答;
表現できるものは、やっぱり文字ぐらいだから、話術が重要かも。
アクションはお辞儀と敬礼ぐらいしかないから結局は言葉での表現が重要。
お喋りな人はそれだけ沢山の言葉で表現できるよね。

質問その8、ギルドで色々新しいことにも取り組みたいけど、どうすれば?

回答;
まずはGMさんに相談ですね。忌憚の無い意見をやアドバイスをくれます。
そのうえで改善すべき点、考慮すべき点などを話し合いそれが全部解決出来たら
新しいことに取り組めると思う。

質問その9、ギルドはどの辺りで活動してますか?どの辺りで会えますか?

回答;
トラメルのユーゲート周辺かな。結構この辺に住んでる人多いね。
21時~22時くらいにこの辺に居たら会う機会は多いと思う。
コッソリ教えちゃうけど、結構この界隈で活動して長いから来年ぐらいまでには
この辺りに「ロールプレイングギルドのPCタウン」出来るんじゃないかな。
勝手な推測だけどね。


ギルドに興味を持った人は、コチラ迄→ ロールプレイングギルド[#RPG]

まだまだメンバー受付中だってさ!


ちょいと昼寝でもするかね。


遊び人の回想録 その20 死神に憑かれた

数日前、家に一人の男がやってきた。名をからしと言う。
マダムが俺っちのお目付け役として彼をよこしたそうだ。

優男な容姿に似つかない鋭いツッコミもとい、サラっと恐いことを口にする。
何を考えているのか俺っちにはこの男が読めない。

要はアレだ。俺っちが他の女に手を出さないように「見張り」をつけた...
そういうことか?と俺っちが問うと

はい、手を出したら斬って良いと言われました^^

ぐはっ!何それ!というか、
そんな恐い事をサラっと口にするなよな!

「マダムは私にそう言われましたので、そうするだけです。
とりあえず、先に聞いておきますが頭からがいいですか?
それとも、胴をバッサリがご所望で?」


フッフッフ......ハー八ッハ!甘いな!ここはトラメル!
何をしても危害を俺っちに加えることが
出来ない法治世界なのだよ!クスクスクス...。

ちっぱいフレイやツムギを後ろから鷲掴みしたとしても
俺っちは守られるはず!

「そうですね、わかりました、では少し留守にしますね」

とかなんとかやりとりをして昨日の夜、からしは戻ってきた。

あ、あ、あんたその紋章・・・なんであんたが俺っちと
同じギルド紋章を付けてんだよ。

「これで躊躇なく斬れますね*スマイル*」

35

あ、いえ、たぶん、そうね最近、ほら!俺っちはさ女よりも労働意欲に飢えててさ....
あははははは......大丈夫だと思うよ.....^^:

そ、それよりもそのこ、腰に付けてる武器、真っ赤で目立つよな!! (話題をを変えよう・・)

「これですか?これで斬られたいのですか?」
い、いえ・・・。目を引く武器だから少し興味が湧いただけ。

「こっちの短い剣は『最凶』、こっちの長い剣は『最悪』です。

(ごっつい名前だな・・・何者なんだこの男は・・・。)
すごい名前の武器を持ってるんだな。

「前に武器商人に鑑定してもらったことあるのですが
『最凶』は、強度1411だそうです。」

は!?せせん・・よんひゃく・・。

「でも『最悪』は少し低くて強度857、最悪の方が気に入っていたので少し残念です」

(((( ;゚д゚))))アワワワワ

あ、ああーか、からしさん、今までの非礼すみませんでした。
こ、これからよろしくお願いします。
仲良くしてくださいね。(こいつマジでヤバいい、命がいくつあっても足んないぃ)


「はい、よろしくお願いします*スマイル*」

遊び人の回想録 その19 今までのツケ

この2カ月、俺っちがどこに行ってたかって?

そう、少し話を戻してみよう。あれは6月の半ばだったかな。
俺っちは弓使いと剣士を連れてDoomに行った。
その日は運良くDoomダンジョンには入る事が出来たんだ。

でも隊は、Doomのモンスターたちが沢山押し寄せて来て
布装備の弓使いも普通の剣士もそのモンスターの量に耐えることが
できなかった。

そこで俺っちは戦略的撤退をしたのさ。
Doomから帰る途中に一人の男がやって来て


・・・ああああああああああああ・・・

グハッ・・・すみません、ごめんなさい、許してください、もう他の女には手を出しません ブヘッ
だからこれ以上は・・・殴らないで―勘弁してください・・・xxxxxxxxxxxxxx


な、なにがあったか・・何があったんだろう?いやそもそも
今まで何をしていたのだろう・・・これ以上・・・・思い出せない。



2カ月して俺っちは、ようやく、マダムから解放された。

あああ~外っていいな~イテテテ・・。

今日も快晴だ。一日のスタートには清々しい朝だ。
さて、Yewに帰って働こうか。

指揮官見習いの手記 その2 道半ば、逝く

ブリタニア第一次Doom討伐隊の当日、俺っちはスカラブレイにいた。

今日のメンバーはオーウェンの弓使い、エイプリルで剣士
Doom討伐だから、25日分の給料を先払いした。

28

遅い!遅すぎる!いくら待っても誰も来ないぞ!
仕方ないからヘイブンで馬を取ってルナ銀行で装備を整えていくことにした。
そして、ルナ銀行に行くと見知らぬ男に話しかけられた。

「今日は大勢だな」 

こやつ、初対面でいきなり何を言っているんだ?
ハッハーン!わかったぞ。俺っちのファンだな!

「悪いが急いでるから、またな!」
俺っちのファンならきっと俺っちが行く先々で出待ちしているにちがいない!

30

戦力は心もとないが、首長が募集してやる以外で人は
来ないことはわかってるからな仕方なく、3人でDoomを目指した。

31

少しずつ前に進んで行った。
しかしながらこちらは戦士が二人、Doomに近ずくにつれてモンスターの数が増え
最初は余裕を見せていたオーウェン。

32


しかしながら多勢に無勢でオーウェンもエイプリルも道半ばで、逝っちまった。

33

今日の一件で他人は頼りにならないのがよーくわかった。

だったら、顔見知りで行くしかない!
黒熊亭総動員してブリタニア第二次Doom討伐隊に向かってやる!

そこで俺っちのファンの一人であるマダムに
お願いして黒熊亭の連中に支払う為の資金をおねだりしたら
200万くれた!

「ジゴロの手記を楽しみにしている」

任せとけ!俺はその足で黒熊亭のあるYewに向かって出港した。
Yewまでの距離が少しあるから、その間に黒熊亭の掲示板に書き込む下書きを書くか。


黒熊亭の掲示板ってここだっけ?


流石!俺っち、文才がタウンクライアー並だな。
これで完璧だ!

ブリタニア第一次Doom討伐隊(イベント)案内

22

昨今のブリタニアの現状を知っているだろうか。
もう20年近く前から出現し始めたアバタール達により
この世界に混沌をもたらされた。

それは各地に住むブリタニアの原住民たちの生活をも困窮させている。

田舎では仕事が無い冒険者が増え、戦う気は満々だが
誰も雇ってくれず失業率はウナギのぼりで

とうとうウィザードハットを突き破ってしまったほどだ。

という話をマダムから聞きつけた、俺っちは彼らを救う秘策を考えた。





★★★ブリタニア第一次Doom討伐隊★胃★辺★ン★戸★★★

主催:#Role Play Guild [RPG] ティウ

日時:2018年6月15日(金曜日)
22:00~

集合場所:スカラブレイのイベントホール

参加条件;
アバタール(プレイヤー)1名に対し2人までの従者(NPCを雇う)を
連れて徒歩で参加

★誰でも参加OK。他鯖から参加も大歓迎
(初期キャラでも参加出来ます、ただ自分の身は守ってね)

参加ルール:アバタールとそのペット、召喚魔法による一切の攻撃の禁止、
(従者への回復魔法やサポートはOK。)

27


★戦わせるのは、失業者(NPC)だけ。


当日までにブリタニア各地にいる失業者(NPC)に賃金を支払い
集合する。そして、Doomに行き、魔物を討伐しつつ進軍する。

第一次討伐隊の今回の討伐対象は、骨閣下の討伐だ!
従者をサポートしつつあなたの指揮官としての腕が試される!

魔物も討伐出来て、失業者も懐ホクホク、一石二鳥!


参加賞;
骨閣下を討伐したら、一旦戻って、準備して
Doom対岸への渡航及びお見送り付き!


プロフィール

Tiwaz(ティウ)

Author:Tiwaz(ティウ)
Asukaシャード
#Role Playing Guild
[#RPG]
職業:遊び人
常時ロールプレイヤー

カテゴリ
遊び人に転職を考えている人
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク