FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武器屋見習い日誌 その2 オークション金庫げっと

さっそく机にサンプルを並べ置いた。

酒場で美味い料理が置いてあるかどうか店の前でサンプルを
見てとりあえず店に入ってみよう!

という感じで武器を置いてみた。

あくまでも サ ン プ ル ですよ?

そこで店長に言われた「オークション金庫」を貰った。
1回もらうと3つのオークション金庫セットでもらえた。

でも設置するのは1つだけ。

46


そこで店長と商品会議。

これどう?あれどう?それどう?
とりあえず、これから行ってみよう!ということでスピアを置いてみた。

これ補強不可だけど?

店長曰く、「今までに耐久0で壊れるほどAF武器使ったことある?それが答え」

確かに新品武器(255/255)をボロボロ(0/1)になるまで使った経験は一度も無い。。
(100/100)切ったことさえない。。
補強不可で破片残留ってすぐにボロボロになるんじゃないの?

店長曰く、「武器はいつの時代も使い捨て、次に手に入る武器までの繋ぎでしかない」

メモメモ・・

これ冷気エリアついてるけど・・?複数相手にしなければいいらしい。

店長に聞いた。これ店長なら買う?
店長曰く、「買わんわw」

ちょw

店長が言うには、飛鳥にはこういう武器がほとんど置いてないから
買うか自分で戦利品でゲットしてくるかアトランに買出しに行くか
しか選択肢ないらしい。

メモメモ・・

店長を紹介したいから写真載せていいかと聞いたら
一身上の都合でNGということで

47

モザイクかけてみましたww


武器屋見習い日誌 その1 遊び人、武器屋になる

あ、そうそう話をするのが遅くなったが、冒険者ギルドは閉館した。
結構イイ案と思ったんだけどな。
他の#RPGのメンバーさえ来ない所に一般人なんて来るはずが無い。
それが閉館の理由だ。

とにもかくにも、俺っちには事業に失敗し
ユーの女公爵ベアトリーチェ様からお借りした1億の借金だけが残ってしまった。
(失敗する以前に人が来なかっただけなんだけど)

そこで考えた。

形あるものを売っていこう。

ジャジャジャジャーン

2018y10m11d_180941068.jpg

(無駄な金は使えないから、家具の位置しか変わってないのは秘密だぞ)

武器と言っても、ボス級向けの武器なんて売っても小遣い稼ぎ程度にしかならず
借金はいつまで経っても減らない。

一発大逆転を狙うには、そんなその他大勢の同業者が扱っている普通のものを
売っても仕方がない!!

時代の最先端、流行は対人戦武器にちがいない!!きっとそうにちがいない!

だってよ、よ~く考えて見て欲しい!

太っとい「こん棒」は売れないのに、か細い「木刀」が売れるなんて

俺っちにはそのカラクリがよくわからない・・・実はもしかしたら
そこには木刀に賄賂が包んであって対人間で
ナニカをササっと渡されているそれに好都合な武器なのかもしれない!

やはり、詳しい人にアドバイスを貰った方がいいと思い
適任な人がいる事を思い出したぞ。
回想録をパラパラっと読み返すといるじゃないか!

遊び人の回想録 その20 死神に憑かれた
強度1400超えしているって言ってた武器を振り回す芥子なら詳しいはず。

そこで、伝説の武器商人、芥子様に何度も土下座してお願いしたら
「暇な時で良ければ」っと手伝って貰える事になりました。

伝説の武器商人が味方になればきっと、借金もあっという間に消えるはず!!

オーナーはティウ、芥子様は非常勤店長。

オーナーはエロいエライけど、知識が皆無。
どの武器が売れるか鑑定して貰ったり、値段のアドバイスを店長に貰ったりします。

最初に貰ったアドバイス。

「対人戦用の装備は個々により価値が異なるのでゴミと決めつけない事が大切」

な、なるほどですね!
確かに、着やせしている人が脱いだらこんななんだったなんてありますよね!

45

あ、まだ何も商品置いてません。
店長に選定して貰わないと~。

冒険者組合 その5 若輩者

おっと、かなり日が空いちまったな。
燃えるカカシ亭が開店してから、1ヵ月が経った。

人の多い所で宣伝もした。眠たい目をこすりながら
飲み干した酒瓶が増えてもなんとか営業をこなしていったが、しかしだ。

誰も来ない。1ヵ月やって誰も来ない。
俺っちは、悟った。

需要が無いんだな。冒険者組合なんて、とりあえずカカシ亭は放置で。

ただマダム、ベアトリーチェに運転資金を借りてるからな。
このまま何もしないでは流石に不味いので俺っちは考えた。。。

そこで1泊2日で気分転換に旅に出た。根を積めてもイイ結果は訪れない。
着いた場所は、瑞穂。



実は、冒険者組合が開店した頃に一人の男シヴァがやってきた。
俺は、冒険者組合には興味は無いが、あなたに興味があるという人が会いたいと
言っている。

9月1日土曜日の24時に瑞穂の酒場で待っていると。

酒場に行くと、一人の羽帽子を被ったオッサンが現れた。

彼は、名乗ることなく話を始めた。
冒険者組合の話、俺っちの今までの活動の事などを
チェックしていたようだった。

そのオッサンに、なぜわざわざ瑞穂に呼んだのか聞くと
別に飛鳥で良かった気が・・。

するとオッサンは昔話を始めた。

この辺りには、昔、瑞穂が誕生してすぐにこの辺りにグランクール王国
というものがあったとか。東にはエルフの森、今は自治領となって残っているそうだ。
ただ、住民たちはどこかに行ったらしい。

そのオッサンも今は瑞穂にいるわけではないので詳細は知らないそうだが
俺っちがYewで活動しているからここで話そうと思ったとか。

(その6に続く)

冒険者組合 その4 燃えるカカシ亭

先週、大量に本を転写して迎えた土曜日・・・・。
本が3冊・・・これじゃあ、読みにくい。

そこで全部構成から何やら全部書き直し。
それでなんとか2冊までに内容を凝縮することに成功。

1冊目は、#RPGのギルド紹介の本(緑色の本・全100ページ)
2冊目は、冒険者組合・傭兵組合の「燃えるカカシ亭」(全114ページ)

両方とも目次付き!しかも項目ごとにページ数も書いた。
その為、とても時間がかかった。

そして・・・アレ?燃えるカカシ亭ってムーンゲートから東に1件目って書いてあるけど
西じゃない?・・・・。

え!?

そして、転写した全部の本を再度修正する羽目に・・。

その後、グレンの旦那に配布前に問題が無いかを確認して貰い「うむ、OKだ」
という承認が出た頃に



「飛鳥大祭」というのが話題に挙がっていたので、便乗してそこで配布しよう!
・・・・っと思ったが
文化系イベントってどこでどこで何をやっているんだ・・・・。

さっぱりわからなかったため仕方なく、人通りの多く邪魔に
ならないルナのムーンゲート横に陣を取り配布を始めた。

41

ただ、その場に本を放置して置いて

各地に、ばらまくルーンみたいな粗雑に扱うのは
ギルドの紹介本もあるので流石に出来ないでしょっ

ということで

声を掛けながら、配布してたのさ。
すると・・・興味を持ってくれた方々がその場で立ち読み。
流石に分厚いので持ち帰ってもらっても大丈夫だよ

というと本はみるみるうちに減っていきました。

しばらくすると・・・周囲で秘薬をすりつぶす音が・・・。
どうやら、俺っちにオバケが取りついていたみたいだった。

1時間ほど、配布してこの日は本の在庫も数冊になったところでYewに帰った。

さて、明日はどこの街で配ろうか。

Yewのムーンゲートの南に黒い燃えるカカシが飾られているんだが・・・・
いきなりライバル店の出現か!?

冒険者ギルド その3 アンブラ銀行

昼間に、アンブラで本の転写をしまくっていた。
冒険者ギルドを起業して早一週間。

客があまり来ない。

よくある新店オープンしても客が来ない「あるある」だな。
つまり新店オープンした店っていうのは、誰にも知られていない状況
例えるならば、「真夏に大砂漠のど真ん中に店がオープンしたようなもの」

宣伝も何もしてなければ、至極当然
そりゃあ、物好き以外は来ないだろ?

とりあえず1週間様子見をしたところで、これから宣伝用の本を
バラまく作戦を1週間やろうと思う。目指せ転写500冊!

と転写しているとさっきから近くで・・・ゴリゴリゴリゴリ......ゴリゴリゴリゴリ....

ゴリゴリと秘薬を潰す音が聞こえる。
時折、bankで姿を現しアイテムの出し入れをして姿を消し
またゴリゴリと秘薬を潰す音がアンブラ銀行に響き渡る・・。

って・・・からしお前かよ!!

「あ、ティウお前もいたのか」

じゃねえよ!

ていうか俺っちはさっきからいたじゃねえか!!

「あ、そう?」

・・・(;^_^Aお前には俺っちは眼中になしか・・。

俺っちが何をしているのか尋ねると、グレイターヒールポーションを沢山作ってる
と言っていた。ていうかお前、少し見ない内にギルド紋章変わってんじゃん。

「グレンさんにお願いして、しばらく修行の旅に出ると
お伝えしましたし、マダムからもしばらく故郷に帰るので休暇貰ってます」

ほっほー・・・・・・・・それは大変だな~。                   *ニヤ*

それで今はそのギルドにいるのか?

「ギルドの人が青リンゴを作って欲しいみたいなことを言われていたので
今作ってて、その途中です。」

何個いるんだ?
「とりあえずーギルドに2,000個くらい寄付して自分用に1,000個くらいですかね」

膨大な量だな・・・(;^_^A
からしは昼とか夕方にはよく見かけるが、夜はあんまり見かけないよな。
本人曰く、昼や夕方に燃え尽きて夜になると眠くて仕方ないとのこと。

その後、アンブラ銀行内に転写音と秘薬をすりつぶす音が響き渡っていたのは
言うまでもない・・。

飛鳥以外も配るとして、土曜にばらまき作戦だ!
決戦は土曜日。



プロフィール

Tiwaz(ティウ)

Author:Tiwaz(ティウ)
Asukaシャード
#Role Playing Guild
[#RPG]
職業:遊び人
常時ロールプレイヤー

カテゴリ
遊び人に転職を考えている人
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。