FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

指揮官見習いの手記 その2 過酷な状況

いや、ホント久しぶりに黒熊亭に来た。

ここ2週間ぐらいずっと欲望渦巻く都会のオアシス、ブリテインで過ごしていたから
たまには田舎にくると新鮮だな(家にも2週間くらい帰ってなけど何か?)

すると、酒場にはグレンの旦那がいた。

24

ドレッドホーンの頭を飾っていたのでその話を聞いた。

また、オルゴールの曲を探しているという話をしていて半年かけて探したけど
以前の行事かなんかでしか取れない曲があったとかで最後の1曲が集められないと
肩を落としていた。

久々だったから、募る話に華を咲かせた。

その後、先日の二人を引き連れて狩りに出かけた。

1時間半ほど経ち、Gamanを狩っていると…。
流れてきたヨモツウォーリアーに若い二人は攻撃を受けて天に召されちまった。
若すぎて自信過剰になりどんなものにでも立ち向かえる気に
なれるっていう若さゆえの過ち。

というかお前ら、布服装備でしかも弓なのに接近戦って…若さって怖いもの知らずだな。

スカラブレイのレンジャーギルド出身のプリシラとアディソン雇って5日目に殉職。
君たちの死は無駄にはしないよ。これを教訓としてトリンシックに向かった。
トリンシックの戦士ならきっと、強い連中がゴロゴロしているに違いない!

まずは、トリンシックの首長さんにご挨拶。

25

首長さんに戦士を雇う事の許可を貰い、今度は近接戦士を雇った。
彼の名前はLeigh(リー)。

よし!リー!行くぞ!
そして1時間後…。

ぐはああああ

26

リーは、包帯巻いてる最中に石ハッピーの攻撃に耐えきれず逝っちまった。
石ハッピーは俺っちがリーの無念を汲んで復讐しておいたぞ…。
安らかに眠るんだ!

彼は、彼女だったみたいだ。

雇った連中を指揮し、育てるのは、とても難しい。
昨今のペットを育てるなんて悠長な事を言えないほど過酷である。

生命力の低い人間は死ねば、復帰は不可能。
装備も雇った時のまま、こちらが装備を変えようとしても
拒否される。

なのに…みんな弓も含めて接近戦したがり。
どんなにお金を積んでも25日間が最高雇用期間。
ただ宿屋で休んで数日後、冒険を始めても雇い主を出待ちしているのは優秀だ。

殉職した彼らの分まで、酒を飲んでやるからな!という意気込みで
酒場に向かったのは言うまでもない。

スポンサーサイト

指揮官見習いの手記 その1 調教GMを目指す



あなたに守りたい大事な人が出来たら
  その人は「姫」じゃなくてもあなたにとっての姫なんじゃないの




アルフォンスはそう言って俺の傍から離れていった。
お姫様と騎士ごっこは、あっという間に完結を迎えた。

俺っちに残ったのは、積んだ名誉の徳と溜まりに溜まった欲望だけである。




そして俺っちの生活は、またいつもの日常を取り戻した。
俺っちの遊び人、三大スキル火遊び、夜遊び、女遊びを
より一層習熟させる為に

俺っちは夜の調教もGMを目指す為に新たに動き出した。

ある日のドラゴンタートル
「綺麗なお姉さんが助けを求めていると聞きつけて助太刀に参りました!」

ある日のニューヘイブン
「お姉さん、酒場でお酒を飲みながらそのクーシーの魅力を語り合いませんか?」

ある日のブリテイン
「お姉さん、僕と二人で新デスパイズ行きませんか?」   


  「あ、ヒモの人~(遠くから聞こえてきた)」

ある日の酒場
「お姉さんのそのたわわな懐で是非、窒息させて下さい!」

ある日のYewムーンゲート付近

*ゾクゾクゾク*

「むむむ・・・フレイの気配を感じる気がする・・この場から退避しなくては!」




主戦場では指揮官の采配がその戦況を良くするか悪くするか
決まるものである。そんなことを昔、派閥で言われたことを参考にし

夜の戦場は1on1紳士淑女の戦い。戦況は刻一刻と動くものである。
もしかしたら複数戦もあるかもしれない。*(・∀・)ニヤニヤ*
ならば!指揮官の采配がその戦況を良くするか悪くするか決まるものである。

俺っちは、指揮官の見習いから始めることを決めた。

22

スカラブレイのレンジャーギルドに行き二人を雇った。
プリシラとアディソン

なんて軽装だ。けしからん!既に脱ぐ気満々では無いか!
若い連中はこれだから困る。

俺っちも混ぜて欲しいz・・・*コホン*

指揮官と戦士二人で1つの小隊が完成した。

まずは野生動物を相手に訓練。

23

ぜ~んたい!止まれ!撃ち方~ようい!撃てー!!

ここから俺っちの指揮官見習いの栄光が始まる気がする。

複数の小隊で大隊を組みボス討伐に行くことが最初の目標だ。

まずは、指揮官見習いとして狩りで訓練を積みながら
同じく隊長候補生を探すことにしよう。

黒熊亭で声かけてみるか。














遊び人の回想録 その18 不倫の果てに

「あらぁ、こんなところに~ヒモがいるわ、ヒモ男よ~♪」

とルナで声を掛けられた俺っち。
振り向くと、そこには

ニタニタしながらこっちを見ているアルフォンス姫がいた。
数週間ぶりの再会は感動の涙の再会ではなく
滑稽という名の涙の再会という事は言うまでもない。。

(以下ログの原文)

T 「あなたまでヒモと言いますか・・」
A 「通り名がつくとはお主もずいぶん出世したもんじゃなw」
A 「ヒモで下世話な話が好きとは、お主の言葉を
   引用するなら遊び人の鏡じゃなww」

T 「も、もういいです・・・何とでも言ってください・・。」
A 「そう、すねるでない。暇なら木材運ぶのを手伝ってよ」

という感じでミノックの森に山積みされてた木材の運搬のお手伝いに行きました。
21

A 「で、仲間は見つかったか?」
T 「また、唐突ですね(汗)進展はありません(キッパリ)」
A 「そうかそうか、それでお主に提案がある」
A 「わらわは姫をやめようと思うのじゃ」

A 「もうすぐ6月じゃん、あたしも誰かのものになっちゃうわけよ」
A 「だからさ、不倫って良くないじゃん。」

T 「えっと・・・」

A 「そう!わらわの身も心も既に捧げてるのよw」
A 「だからEJも堪能したしそろそろUOいいかなって」
A 「Tさんには申し訳ないけどね」

T 「そうですか・・それなら仕方ありませんね」

A 「私が姫をやめても、あなたに守りたい大事な人が出来たら
  その人は「姫」じゃなくてもあなたにとっての姫なんじゃないの」

A 「わらわは、そーおもう」

T 「ヒモが不倫の果てに捨てられたなんて・・噂が広まりそうな予感が・・」

A 「wwww遊び人を究めてる感じだねww」









遊び人の回想録 その17 レアグッズ

あなたの大切なものは何ですか?


あなたのコレクションは何ですか?



俺っちは、夜中にいつものようにブリテインに行ったのさ。
すると、衝撃的な光景を目撃した。

ブリ銀前にいるのは、あの有名人

「KINTOKI」さん。

うおおおおおおおおお!!
俺っちはなんて運がいいんだ!

これは日頃から、お姉さんたちの愛に応えてきた俺っちへの
ご褒美にきっと違いない!

一目散に金時さんの元に駆け寄り

「金時さん、本物だ!あ、握手してください!」

「ふつーに歩くことさえままならないのに、sあくしゅとか」

俺っちは興奮のあまりにYewの自宅に急いで戻り
金時グッズを持ってきた。

20

これにサインをしてもらおうと思ったのさ。

どうよ、このKINTOKI銘入りのクローク!

5年以上前に購入したアノ幻の金時グッズの1つ!
超レアものですよ!っと本人を目の前にして着て見せた。

19

そして、着て見せたクロークの銘を見て俺っちは
気が付いてはいけない現実を知る事になった・・・。

ほら!Lord入りですよ!Lord入り!

ろおど・・・?

あれ・・・そういえば、これLordだけど・・・目の前にいるのは
お・・・姉・・さん・・・?

だったらLadyじゃ・・・

ハッ!?

金時さん・・・有名人になってお金沢山稼いだから整形手術して
金時さんもとい、金・・・取・・さん!?

あわわわわわわ・・・

俺っちが気が付いてはいけない・・金時さんの闇に触れてしまった。。





遊び人の回想録 その16 二日酔いの朝

あたたた・・・・。俺っちは・・だれだっけ・・。

俺っちは、そうそう遊び人だ。
無給で遊びという名の仕事をするブリテイン市民の鏡。

日々こんなに働いているんだ。
酒ぐらい浴びるほど飲ませてくれよとYewで通りすがりの人に
話を振ってた気がする。

そういえば、最近Yewのムーンゲートが騒がしいということで
例の場所に行ったのさ。

16

偶然にも運よく、ここの物件の所有者を名乗る人と遭遇。
世間話をした。

「そういえば、おたくのGMさんも復帰の方ですよね?」
と聞かれた。

復帰・・・。グレンの旦那はシャバの空気が美味しいっていうあのムショ帰りなのか・・・・。
俺っちはそんな話は聞いてないぞ!

ここに来る人達のほとんどが復帰なんですよ~。

なるほど・・確かに裁判所も刑務所も近いし
そういうことだったのか!

という話だったような違ったような、飲み過ぎてあまり覚えてない。


17


そういえば、次に覚えているのがブリ銀にも行ったっけな。

ジョーダンの旦那がハトさんと銀行前でイチャイチャしてて
ほら、コレあげるから二人の邪魔をしないでとかなんとか言われて
錬成武器を受け取った。

はて?でも・・・何か話が違ったよう・・・アレ?ジョーダンの旦那が
ハトさんのヒモになりたいって話だっけか・・。

あたたた、頭痛が酷い。二日酔いだなこりゃ。昨日は飲み過ぎたみたいだな。
記憶が混濁している。

あとはフレイとツムギの話をしたような気がするが
どんな話をしたんだったか・・・さっぱり覚えてない。

ま、いいか、大した話はしてない気がする。



















18


遊び人の回想録 その15 白い戦士

姫から課せられた「新たなる試練」で仲間探しを始めた。

しかし純粋なパラディンなんて今の時代まだ生き残ってるもんかね~。

純粋なパラディンというのは、いわゆるカルマ
つまり善い行いを多く行った騎士の中で
更に騎士道に特化して道を究めようとした者たちだ。

昔マラスが発見された頃は、まだアンブラとルナが対立状態で休戦だったか
停戦だったかが始まったぐらいでルナにも沢山純粋なパラディンもいたんだが

色々世の中が変わって行って今の街中で見る白い戦士ばかりになっている。
その経緯は…

有名な昔話があるが

昔々ベスパ―にとある戦士がいました。戦士は強さを求めるあまりに
対立しあう相克の道ネクロマンシーを学び己の肉体をヴァンパイア化して
脅威的な身体能力を身に付け更に騎士道を学び騎士道の技術を
用いてDoomに行き一人でダークファザー討伐しました。
これが十数年前の話だ。当然だが錬成も改良も無い時代の話。

これは「ベスパ―の勇者」っていう本当にあった実話だ。
これが世にいうネクロパラディンの発祥で有名な話。

それによりパラディンの数は減っていき、トクノの発見後に
相克のネクロパラディンに更に武士道の武技を取り入れた姿が
今の街で見かける白い戦士達に至るってわけだ。

そんな中で純粋なパラディン…探しって…。

まずは、戦士が集まる場所に顔を出すことからはじめた。
謙譲、武勇のチャンピオンの討伐増援募集
ドラゴンタートルの討伐増援募集
エクソダスの討伐募集

告知のあるものに、参加をすることで探すことにした。

14

神殿の先につくと、既に討伐部隊が攻撃していた。
俺っちは弓で攻撃するか・・・剣で攻撃するか一瞬考え
愛用のロングソードを抜きエクソダスに走って立ち向かった。

15
討伐後、バッグに重みを感じ見てみるとこれが入ってた。

だが、今回は戦果なし。
今回集まった者の中に純粋なパラディンと思わしき人物は見つからなかった。



それから数日後、ブリテインに行くと突然後ろから声を掛けられた。

「ひものひとー」

…そうだった…ブリテインにまで俺っちのパトロン探しの話は広まってたんだっけか…。

振り向くと魔術師の帽子を被ったどこかで見たことのある女性…。
むむむ!あんたはクマっ娘か!今日は魔術師の帽子ってことは
今日は魔女っ娘か!多彩な趣味をお持ちで…。

「じょんみないけど。ここのところみかけない」
じょん?…誰だそれ…。じょん…ジョン…ジョ…もしかして
キャプテン・ジョーダンの旦那の事か?

「うん」

ハッハーン♪わかったぞ、このクマっ娘、もとい魔女っ娘は
ジョーダンの旦那の女だな…。寂しくて探し回ってるんだな!

ジョーダンの旦那も隅に置けねえなぁ・・クックック。

「沈んだのかな船…」

そうだな~旦那の事だからサイコロし過ぎて借金が増え過ぎて
借金のカタに海に沈められた…とかトレハンでモンスターにフルボッコ
されて孤島で彷徨ってるか…じゃないかな。

少し考えてから魔女っ娘は去っていった。

もしや、「無事に航海から帰ってきたら結婚しよう」とかなんとかって
話だったりするのだろうか・・・。帰りを待つ婚約者。
健気だね~。



遊び人の回想録 その14 新たな試練

講習会、話を聞きに来た奴はいたかもしれないが
だれが聞きに来たのか俺っちには判断が出来なかった。
青い色にも色々あり過ぎた・・・。

狩りのサポート案内の立て看板を出して酒を飲んでいたんだが
結局30分待ってニューヘイブンを後にした。

少し前に耳にしたんだが今「森の黒熊亭」にデッカイ依頼が来てるっぽい。
半月前くらいに持ち込まれたその一件を受け
酒場の常連たちは各地で色々と調べ物をしているらしい。

彼らも今忙しいようだ。

かく言う俺っちもニューヘイブンやブリテインの街でヤングの手伝いをしたり
名誉や武勇の徳を積む為に、ドラゴンタートルの増援に参加したり
サキュバスのわんさかいるトクノ島に行ったりしていたわけだ。

8

そしてそんな日々を何日も続けていてようやくひと段落ついた。
9

このことを姫に報告する為に、朝ルナとYew界隈を探した。
探すのに数日かかったがようやくYewゲート付近で伐採している姫を発見。

その時のやりとりがこれだ。

青=ティウ
赤=姫

Tさんおはよー
あ、なんじゃ、お主か


いきなり口調変わり過ぎじゃないですか?
そのしゃべり方どうにかなりませんか?


ふむ わらわは気に入っておるんじゃが何か変か?
変かどうかと聞かれたら変じゃないですが
口調が変わり過ぎというか・・。

してお主、わらわに何用じゃ?わらわは超忙しい。

ここ最近は言われた通り試練に挑戦していました。
そうか、ならばそのまま励むがよい。
え…結構頑張ったのですが

前から聞こうと思ってたんじゃが、お主騎士になって何がしたいのじゃ?
戦士なら目標があるじゃろう。「強さ」を求めたり「名声」を求めたり

お主は前に、姫の為に剣を振るう騎士でありたいと言った。
騎士になって何を求める?

俺っちは…いや俺は姫を守れる力が欲しい。
へぇ、そうなんだ。じゃあ決まりじゃな!
ならば次の試練を与えてやろう


は?
うむ。

お主の力となってくれる仲間を探すのじゃ。
え?マジですか!?

何をそんなに驚いておる?
騎士と言ったら騎士団じゃろうが。
仲間を探すのは王道と書いてあったぞ。
お主ひとりじゃ頼りないじゃろ遊び人なんだし~

10

それよりも何を参考にしているかが気になる…
…それで仲間って他にもパラディンを探せってことですか?


う~んと、そこまでは考えて無かった。
うは。

とりあえずお主の力になってくれるパラディンの仲間を探すのじゃ。
とりあえずって・・・しかもいま、付け足しましたね!

ええい、わらわの試練が不服と申すか?
い、いえそうは言ってませんが・・

ならば文句あるまい!

わらわは今伐採という高貴な仕事をしている最中じゃ。
お主は作業の邪魔だ。
さっさとパラディンを探しに行ってくるのじゃ。


しかしながら、よくよく考えると俺っちはまだ叙任してないわけだから
騎士じゃないわけで・・・騎士団ってところの話じゃない気がするけど

それにしてもアルフォンスの傍若無人な振舞いっぷり
どこであんな振舞いを学んだのだろうか…。

というか差し迫る問題はそれよりも、仲間探しか。。
一難去ってまた一難…。パラディンを探せと言われてもルナが発見され
パラディンが現れてから15年が経つが今時パラディンなんて見かけないんだが…。

どうしたものか…。



遊び人の回想録 その13 講習会

遊び人の朝は早い…。いや正しく言うと自宅で寝て無いから
家まで帰らないといけない。

朝帰りついでにニューヘイブンに寄ってみた。

なんなんだ、この朝っぱらからこのニューヘイブンの賑わい。
朝活動している人たちはそんなに多いのか。
これがたまに耳にする朝市なのか
そういえば、姫も朝から昼ぐらいに活動しているって言ってたしな。

まあ、朝活動する人たちがいるのは当たり前といったら当たり前だが
俺っちのような遊び人は夜の街しか知らない。

5

これは俺っちに、朝も遊べという試練なのか!
この日は朝から行き交うヴァンパイアも多く見かける。

確かに夜の街ではヴァンパイアはあっちこっちにいるが
朝も活動が出来るのか。

しばらく椅子に座り寝不足気味の目を擦りながらうつらうつら
船を漕いでいると、ブリテイン首長とよく話をしているクマっこが登場。

船をこぐ俺っちの朦朧とする意識の近くで何かを置いている音がする。
こっちは綺麗に置けない。

よいしょ…*ガタン* *ゴトン*  よいしょ…*キキキー*

ふと目覚めると…なんじゃこりゃー!!

6

ひー 溜まった仕事が山積みで終わらない(泣)今日も残業か!!

っと役人の気持ちが遊び人の俺っちにも伝わってくる状況が
作り出されていた。しかも街の住人を椅子に座らせ働かせるこの統率力

このクマっこ…いつもブリテイン首長の近くにいると思ったら
実はすごい実力を持った指揮官だったのか!
流石の俺っちもクマっこの潜在能力を見抜くことは出来なかった。

すると一人のヴァンパイアが近寄って来て、強いペットは持ってないか?
と聞いて来た。

俺っちのどこをどう見たら強いペットを持っているように見えるのか…。
話を聞くと、今からイオドーンのシャドーガード討伐に行こうと思って
いたんだが、メンバーが一人足りないからテイマーをさがしてるんだ。

…えっと…俺っちは遊び人だよ…

なぜだろう…その場が一瞬凍り付いたのは…。


ここ数日、「狩りの支援」を無料で手伝うっていう立て看板置いてても
声を掛けられた回数は沢山あっても実際に狩りの支援は2回だけ…むぐぐぐ。

でも「ガチガチに防具を着込んで支援します」と言っても身構えられて
しまうもの、敬遠されてしまうものだと思うわけよ。

試練その1の「無料で困った人を手助けをする事」
中々思ったようにやるのと実際やるのでは違うなっと感じた。

そこで俺っちは遊び人の知識をユル回転させて考えた。
俺っちが手助け出来る事…。

女性の腕枕になってあげる事…今はこれじゃないな。
綺麗なお姉さんを包帯で縛ってあげる事…これも違うか。

落ちてる肉を焼いて無料で配る事…厳しいか。
森の黒熊亭の手伝い…宣伝…それだ!



森の黒熊亭に集まる連中や遊び人の俺っちなどの[#RPG]の
振舞いに興味を抱いている人たちに振舞い方を優しく手取り足取り
教えて黒熊亭に行く人が増えたら

きっと中にはボンキュッボンな淑女や
俺っちに遊ぶ金支援してくれる商人とかと知り合うかもしれない。
エへへへへ…も、もちろんそれはついでだぞ。

とりあえず、場所を押さえよう。
場所は、そうだな…ニューヘイブンのテラス席
7


時間は夜の22時ってとこだな。日程は5月1日とりあえず今晩だな。
この回想録を紙に書き写して、掲示板に張っておこう。
グレンの旦那に許可貰ってないが、金とってやることじゃないからいいだろう。

話聞きたい奴いたら、青く染めたローブを着てくること

酔っ払いかどうか判断がつかないからな!はっはっは。









プロフィール

Tiwaz(ティウ)

Author:Tiwaz(ティウ)
Asukaシャード
#Role Playing Guild
[#RPG]
職業:遊び人
常時ロールプレイヤー

カテゴリ
遊び人に転職を考えている人
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。