FC2ブログ

指揮官見習いの手記 その2 道半ば、逝く

ブリタニア第一次Doom討伐隊の当日、俺っちはスカラブレイにいた。

今日のメンバーはオーウェンの弓使い、エイプリルで剣士
Doom討伐だから、25日分の給料を先払いした。

28

遅い!遅すぎる!いくら待っても誰も来ないぞ!
仕方ないからヘイブンで馬を取ってルナ銀行で装備を整えていくことにした。
そして、ルナ銀行に行くと見知らぬ男に話しかけられた。

「今日は大勢だな」 

こやつ、初対面でいきなり何を言っているんだ?
ハッハーン!わかったぞ。俺っちのファンだな!

「悪いが急いでるから、またな!」
俺っちのファンならきっと俺っちが行く先々で出待ちしているにちがいない!

30

戦力は心もとないが、首長が募集してやる以外で人は
来ないことはわかってるからな仕方なく、3人でDoomを目指した。

31

少しずつ前に進んで行った。
しかしながらこちらは戦士が二人、Doomに近ずくにつれてモンスターの数が増え
最初は余裕を見せていたオーウェン。

32


しかしながら多勢に無勢でオーウェンもエイプリルも道半ばで、逝っちまった。

33

今日の一件で他人は頼りにならないのがよーくわかった。

だったら、顔見知りで行くしかない!
黒熊亭総動員してブリタニア第二次Doom討伐隊に向かってやる!

そこで俺っちのファンの一人であるマダムに
お願いして黒熊亭の連中に支払う為の資金をおねだりしたら
200万くれた!

「ジゴロの手記を楽しみにしている」

任せとけ!俺はその足で黒熊亭のあるYewに向かって出港した。
Yewまでの距離が少しあるから、その間に黒熊亭の掲示板に書き込む下書きを書くか。


黒熊亭の掲示板ってここだっけ?


流石!俺っち、文才がタウンクライアー並だな。
これで完璧だ!

スポンサーサイト

ブリタニア第一次Doom討伐隊(イベント)案内

22

昨今のブリタニアの現状を知っているだろうか。
もう20年近く前から出現し始めたアバタール達により
この世界に混沌をもたらされた。

それは各地に住むブリタニアの原住民たちの生活をも困窮させている。

田舎では仕事が無い冒険者が増え、戦う気は満々だが
誰も雇ってくれず失業率はウナギのぼりで

とうとうウィザードハットを突き破ってしまったほどだ。

という話をマダムから聞きつけた、俺っちは彼らを救う秘策を考えた。





★★★ブリタニア第一次Doom討伐隊★胃★辺★ン★戸★★★

主催:#Role Play Guild [RPG] ティウ

日時:2018年6月15日(金曜日)
22:00~

集合場所:スカラブレイのイベントホール

参加条件;
アバタール(プレイヤー)1名に対し2人までの従者(NPCを雇う)を
連れて徒歩で参加

★誰でも参加OK。他鯖から参加も大歓迎
(初期キャラでも参加出来ます、ただ自分の身は守ってね)

参加ルール:アバタールとそのペット、召喚魔法による一切の攻撃の禁止、
(従者への回復魔法やサポートはOK。)

27


★戦わせるのは、失業者(NPC)だけ。


当日までにブリタニア各地にいる失業者(NPC)に賃金を支払い
集合する。そして、Doomに行き、魔物を討伐しつつ進軍する。

第一次討伐隊の今回の討伐対象は、骨閣下の討伐だ!
従者をサポートしつつあなたの指揮官としての腕が試される!

魔物も討伐出来て、失業者も懐ホクホク、一石二鳥!


参加賞;
骨閣下を討伐したら、一旦戻って、準備して
Doom対岸への渡航及びお見送り付き!


指揮官見習いの手記 その1 調教GMを目指す



あなたに守りたい大事な人が出来たら
  その人は「姫」じゃなくてもあなたにとっての姫なんじゃないの




アルフォンスはそう言って俺の傍から離れていった。
お姫様と騎士ごっこは、あっという間に完結を迎えた。

俺っちに残ったのは、積んだ名誉の徳と溜まりに溜まった欲望だけである。




そして俺っちの生活は、またいつもの日常を取り戻した。
俺っちの遊び人、三大スキル火遊び、夜遊び、女遊びを
より一層習熟させる為に

俺っちは夜の調教もGMを目指す為に新たに動き出した。

ある日のドラゴンタートル
「綺麗なお姉さんが助けを求めていると聞きつけて助太刀に参りました!」

ある日のニューヘイブン
「お姉さん、酒場でお酒を飲みながらそのクーシーの魅力を語り合いませんか?」

ある日のブリテイン
「お姉さん、僕と二人で新デスパイズ行きませんか?」   


  「あ、ヒモの人~(遠くから聞こえてきた)」

ある日の酒場
「お姉さんのそのたわわな懐で是非、窒息させて下さい!」

ある日のYewムーンゲート付近

*ゾクゾクゾク*

「むむむ・・・フレイの気配を感じる気がする・・この場から退避しなくては!」




主戦場では指揮官の采配がその戦況を良くするか悪くするか
決まるものである。そんなことを昔、派閥で言われたことを参考にし

夜の戦場は1on1紳士淑女の戦い。戦況は刻一刻と動くものである。
もしかしたら複数戦もあるかもしれない。*(・∀・)ニヤニヤ*
ならば!指揮官の采配がその戦況を良くするか悪くするか決まるものである。

俺っちは、指揮官の見習いから始めることを決めた。

22

スカラブレイのレンジャーギルドに行き二人を雇った。
プリシラとアディソン

なんて軽装だ。けしからん!既に脱ぐ気満々では無いか!
若い連中はこれだから困る。

俺っちも混ぜて欲しいz・・・*コホン*

指揮官と戦士二人で1つの小隊が完成した。

まずは野生動物を相手に訓練。

23

ぜ~んたい!止まれ!撃ち方~ようい!撃てー!!

ここから俺っちの指揮官見習いの栄光が始まる気がする。

複数の小隊で大隊を組みボス討伐に行くことが最初の目標だ。

まずは、指揮官見習いとして狩りで訓練を積みながら
同じく隊長候補生を探すことにしよう。

黒熊亭で声かけてみるか。














プロフィール

Tiwaz(ティウ)

Author:Tiwaz(ティウ)
Asukaシャード
#Role Playing Guild
[#RPG]
職業:遊び人
常時ロールプレイヤー

カテゴリ
遊び人に転職を考えている人
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク